トップページ > 日々のFXストラテジー > 今日のFX戦略 > 【今日のFX戦略】AUD/USDのS全力!円買い続く、米10年債の利回り下落、ドルペアを攻めろ

【今日のFX戦略】AUD/USDのS全力!円買い続く、米10年債の利回り下落、ドルペアを攻めろ

AUD/USDのS全力!円買い続く、米10年債の利回り下落、ドルペアを攻めろ

朝から円が乱高下していますね。
USD/JPYのLとAUD/USDのSは早々に+12ピピでリカク。
再度仕切直しで通貨の連動性を見ておりました。

朝方のドル円の下の突っ込みは米10年債の利回りとポルトガル問題が影響したようです。

為替 小林芳彦 JFX@JFXkobayashi
ドル円が下値を狙って突っ込んだのはタイミング的にみると米10年債の利回りが2.493%まで下落したNY午前9時(東京夜10時)に101.06安値をタッチしています。ポルトガルの最大手銀行の親会社が債務返済を延期した問題でリスク回避となって安全な米債に

下げが鈍い通貨を狙う、ドルペアが狙い目!

ドルは他の通貨に比べて落ちが鈍いのです、下値の節目は100.80ですから大口的にもショートでそんなに利幅を狙える位置ではない、さらに101円割れは大量の買いオーダーがあると思われますからね。

ドルを中心に弱いペアを選んで組んでショートで攻めていきましょう。
今一番弱いのが豪ドルで次にポンドです。
(チリもかなり弱いですが普段はスプが広いのであまりポジりません)
ですからドルペアで豪ドルかポンドを合わせればエッジが効くと思います。
クロス円については円が乱高下しているので動きに規則性がなく怖いですからもう少し様子見です。
ドル円が勢いよくリバウンドし始めてからエントリーでも遅くはありません。

AUD/USDのショートなら円が買われようが関係ないですからね。
一緒に他の通貨も下がりますから。
その中で下げが鈍い通貨を狙うのです。

FXの借金は任意整理か自己破産か?全国電話相談無料

FXで多額の借金をどう解決するのか?その場合の選択肢として任意整理か自己破産か?だと思います。どういうケースで判断したらいのか実際にFXで自己破産している私のケースを交えてアドバイスします。最近はFXでも自己破産の免責は問題ありませんので、心配無用です。
全国対応で24時間土日も弁護士に無料電話相談ができますのでそちらもご案内します。借金を放置していると延滞利息が大変なことになりますのですぐに行動に移した方が賢明です。巷に溢れている借金減額診断シミュレーターに関する注意事項をお読み下さい。
■カテゴリ : 今日のFX戦略 ■タグ : , , , , , , , .
30年間勝ち続けたプロが教えるシンプルFX マーケットの魔術師 システムトレーダー編~市場に勝った男たちが明かすメカニカルトレーディングのすべ (ウィザード・ブックシリーズ) FXスキャルピング アルゴリズムトレーディング入門 (ウィザードブックシリーズ) 野村式「ID為替」 プロが教えるFX短期トレード超投資法 (講談社+α新書) 実践 生き残りのディーリング (現代の錬金術師シリーズ) ~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX (Modern Alchemists Series No. 93) バカラ村式 FX短期トレードテクニック ──ボラティリティの重要性 () ゾーン (ウィザード・ブックシリーズ) 規律とトレーダー (ウィザードブックシリーズ) 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術