トップページ > FXにまつわる情報 > 小額から億トレーダーになる > 小林芳彦生相談「資金から億トレーダーになった人の共通点とは?」9つのポイント!個人的な考察交えて

小林芳彦生相談「資金から億トレーダーになった人の共通点とは?」9つのポイント!個人的な考察交えて

少資金から億トレーダーになった人の共通点とは?

ヒロセの小林芳彦(JFX@JFXkobayashi)電話相談の動画が面白かったのでこの話題を取り上げます。
http://www.ustream.tv/recorded/49386211
ヒロセのリアルトレードバトルキャンペーン・ヒロセの口座はこちら



最初の質問者の「少資金から億トレーダーになった人の共通点とは?」です。

小林さんは多くの個人億トレーダーと面識があり、本人からも話を聞いたりしています。
今回実際に勝っているトレーダーに共通する特徴というのは私も小額で億目指していますのでかなり興味のある内容で参考になりました、まぁ想像していたのとあまり差異はなかったですが。

少資金から億トレーダーになった人の共通点とは?

1.スキャルピングをする人が多い
2.1日のトレード時間が長い(18~20時間オーバー)
3.打診玉から利益が乗ったら玉を積み上げる(ナンピンではなくいわゆるピラミッディング)
4.ロスカットは早い
5.トレンドフォロー型(1分足チャートを使う)
6.研究心が半端無い(土日も検証)
7.勝てるチャンスのみ入るので勝率が高い(勝率は8割9割は越えている?)
8.日ベースで負けることはない
9.1日300pips取ることもある

印象に残ったのは博打トレードをしている人は1人もいない、勝つべくして勝っているインターバンクの人間よりも時間をかけ考えている皆プロフェッショナルであると断言していました。

1.スキャルピングをする人が多い

スキャルピングはやはり一番難しいと思いますが、大きな損失を出しにくいこととファンダメンタルズに左右されないこと、あと複利で最も効率よく資金を増やせることなどメリットは多いですよね。海外の100~400倍でできるFX会社を利用しているのか興味がありましたがJFX・ヒロセの小林さんと面識があるのでしたら国内業者メインなのでしょうね。

1日のトレード時間が長い(18~20時間オーバー)

自分も1日18~20時間やることも多いのでこれは異常だと思ってましたが儲かる手法を確立した人でも監視する時間は長いのでしょうね。スキャルピングで10時間以上は並の人間では体がキツイです、好きとか使命感とかパラノイア型の執拗な性格でないと難しいでしょうね。ただかなりの確率で儲かると分かれば自分もさらにトレードやりそうですよね。

打診玉から利益が乗ったら玉を積み上げる(ナンピンではなくいわゆるピラミッディング)

ここはかなりのキーポイントですね。勝てる要因としてエントリーポイントやロスカットの早さなどを上げる人がいるのですが私はこのポジションコントロールはかなり重要なポイントだと思っています。

いわゆる負けるときは最小ロット、勝つときは最大ロット、この法則で出来る人はある程度勝率があれば絶対負けようがないですよね。勝てるチャンスには一気に勝負できる裁量を持ちながら、普段はディフェンシブに打診玉を建てて様子見をする。このバランスだと思います。

ロスカットは早い

スパッと切ると言ってますが、小さい玉を積み重ねるピラミッディングの場合は初めの方の逆行に関しては何の躊躇もなく切れるのでしょうね。ロスカットより「ドテンで何倍返しをする」とも言っています。なかなかこのドテンエントリーは勇気が要りますし(下手をすると往復ビンタ)難しいですよね。ただこの負けトレードに早く見切りを付けて正しいトレンドに乗り直す手早さが生き残り資産を増やす条件なのでしょう。

トレンドフォロー型(1分足チャートを使う)

私の想像する限り、最初の打診エントリーは逆張りポイントだと思います。その利益が乗ってくるとトレンドフォローをする形で積みましていくのでしょう。1分足を皆見ているといってますが、私的には1Hや4H、さらに日足までしっかりシナリオを立てている派と、ティックや1分で勢いだけに乗る派と二種類の人がいるような気がします。ティック見るような人は1Hとかほとんど見ないと思いますし。ちなみに私は1Hや4Hでラインやチャネルでレンジを見極めて1分5分の通貨の乖離でエントリーします。

研究心が半端無い(土日も検証)

これは言うまでもなく「FXオタク」「FXキチガイ」とも言えるのではないでしょうか。土日も研究する人は完全にFXに取り憑かれていますね。スキャルピングをマスターするのはこういった研究で自分なりのエッジを見つけた人に軍配が上がるのでしょうね。あまり一般的な手法でスマートにやっているというよりも、「何か変な手法だな」と思えるような変わったやり方の人が優位性を見つけている気がします(私の感想です)ローソクしか見ないとかティックしか見ないで億トレーダーいますからね。

勝てるチャンスのみ入るので勝率が高い(勝率は8割9割は越えている?)

ある程度FXをやってきた人は勝率9割以上というのは信じられないかもしれないですが実際にいます。収支をブログやtwitterに上げている人もいます。そういう人は1日100回など頻繁にやりませんが(大体日10~20トレード?)勝てるポイントだけやるので勝率がとんでもないことになっています。

これも私なりの解釈ですと、通常デイトレで30ピピ抜ける場面でスキャルで小さい波を取っていくと、5,8,5,3ピピなど小刻みになりこれで4勝ですよね、つまりはこういうことです。刻んでいるので勝率が高くなります。ただデイトレの人のロスカットが20ピピとするとスキャルピングは3~4ピピのリスクしか負わないでしょう。もっと厳格な人は1~2ピピです。

日ベースで負けることはない

これは私も確信していて目標としているのですが日ベースで絶対に負けないトレードでなくてはダメだと考えています。大負けは決してしない事を前提に負けが3つ続いても期待値などで必ず日ベースでプラスになる。負けトレードで感情がぶれる事もないでしょうし絶対に取り戻せる自信があれば慌てる必要もありませんからね。統計で必ず取り返せるデータも持ち合わせていると思います。

1日300pips取ることもある

毎日こういうpipsを取ることを目標としている人は私は少ないと思うのですが、普段はヒット狙いで打率がもの凄く高い三振も少ない、それでいてチャンスボールが来たらホームランを狙える、イチロー(+長打力)タイプなのだと思います。大きなトレンドがきた場合は同じ方向で押し目に入れば何度でも利益は取れますので結果収益は大きくなるわけで、それならホールドし続ければいいのでは?と思いますがスキャルパー達は自分のリズムを崩すのを嫌うのだと思います、大トレンド中でも何が起こるか分からない、そんな突発的な動きで大ドローダウンをすることを最も避けたいのだと思います。

結構この質問のやりとりは時間短かったですが結構参考になりました。
またこの小額トレーダーが億トレーダーになる手法の私なりの考察については今後も書いていこうと思います。

FXの借金は任意整理か自己破産か?全国電話相談無料

FXで多額の借金をどう解決するのか?その場合の選択肢として任意整理か自己破産か?だと思います。どういうケースで判断したらいのか実際にFXで自己破産している私のケースを交えてアドバイスします。最近はFXでも自己破産の免責は問題ありませんので、心配無用です。
全国対応で24時間土日も弁護士に無料電話相談ができますのでそちらもご案内します。借金を放置していると延滞利息が大変なことになりますのですぐに行動に移した方が賢明です。巷に溢れている借金減額診断シミュレーターに関する注意事項をお読み下さい。
■カテゴリ : 小額から億トレーダーになる ■タグ : , , , , , , , .
30年間勝ち続けたプロが教えるシンプルFX マーケットの魔術師 システムトレーダー編~市場に勝った男たちが明かすメカニカルトレーディングのすべ (ウィザード・ブックシリーズ) FXスキャルピング アルゴリズムトレーディング入門 (ウィザードブックシリーズ) 野村式「ID為替」 プロが教えるFX短期トレード超投資法 (講談社+α新書) 実践 生き残りのディーリング (現代の錬金術師シリーズ) ~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX (Modern Alchemists Series No. 93) バカラ村式 FX短期トレードテクニック ──ボラティリティの重要性 () ゾーン (ウィザード・ブックシリーズ) 規律とトレーダー (ウィザードブックシリーズ) 伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術